ボイストレーナーをやっていて生徒さんからちょいちょい聞くのが、

「有名になりたい!」

「人気者になりたい!」

という願望の声。

 

歌でプロになって武道館に立ちたい!

俳優になって有名監督の映画に出たい!

プロの声優になって人気アニメの主人公を演じたい!

 

などなど。

 

 

夢がありますよねー。

 

夢に向かって頑張るのって、素敵なことですよね。

楽しいものですよね。

 

 

 

・・ただね、

 

そんな「素敵なこと」「楽しいこと」なはずなのに、

なぜかずーっと大変そうな人もいたりしますよね。

 

なんか辛そうだったり、焦ってたり、誰かを妬んでたり。

 

「早く夢をかなえたい!」

「早く自分も上に上がらないと!」

って、なんだか空回りしてたり。

 

 

そんな空回りが続くと、

なかなか前に進まなかったり、

夢半ばであきらめてしまったりもします。

 

 

 

どうしてこんなことになってしまうのか…

 

 

そうです。

 

あれです。

 

 

マインドが

「Do-Have-Be」

「Have-Do-Be」

になっているってことです。

 

頑張って活動すれば(Do)➡有名になれて(Have)➡幸せになれる(Be)

人気になれば(Have)➡好きな活動ができて(Do)➡幸せになれる(Be)

 

っていうやつです。

 

(なんのこと?よくわかんねーぞ?と思った方は、こちらの記事を読んでね。)

 

 

 

これって、

 

「今の自分はダメだ。足りない。だから有名にならないと。

人気が出れば周りからチヤホヤされるし、大事に扱ってもらえる。

そしたら好きなことをやらせてもらえるし、お金もたくさん手に入る。

そうなってこそ満たされる。幸せになれる。」

 

と思ってるってこと。

 

「今はダメでも、いつかこうなればきっと…」

って思ってる。

 

 

だから、歌だ音楽だ演技だっていうのが、

人気やお金を得るためのただの手段になってるっていうこと。

 

ダメな自分を紛らわすための道具になってるっていうこと。

 

 

 

じゃあ極論ですよ、

 

人気が出て有名になったけど、

常に不安で、納得いかなくて、辛くて、不満やストレスが多い状態。

 

っていうのと、

 

人気はないし有名でもないんだけど、

不安も不満もないし、喜びが多いし、なにかと楽しい幸せな状態。

 

 

どっちがいい?

 

っていう話なんですよ。

 

 

「DoやHaveは世間的にすごいのかもしれないけど、自分のBeが満たされてない状態」

「DoやHaveは世間的にすごくはないけど、自分のBeが満たされている状態」

っていう。

 

たぶん、単純に気持ちとしては後者の方がいいですよね。

 

 

「え?いやいや。

人気が出れば、確かに辛いこともあるかもしれないけど、

そのぶん幸せなこともたくさんあるでしょ?

Beは満たされるでしょ?今よりは良くなるでしょ?」

 

 

と思うかもしれません。

 

というか、多くの場合は、

そう思ってるから有名になりたいんですよね。

だからDoやHaveが欲しいんですよね。

 

 

じゃあ、

有名になれば絶対満たされるなんて保証、どこにあるんですかね?

 

 

仮に、それを手にしてる誰かが幸せそうに見えたとしても、

実際にその人が満たされてるかどうかなんて分かんないでしょ。

 

世間的にすごそうだと良く見えるだけです。

(この辺は「成功とは虹のようなもの」の記事にも詳しく書きました。)

 

 

 

例えばマライアキャリーさん。

世界的に有名で人気もあって、セレブですよね。

 

でも、ご本人いわく「いつも自信がない」「ずっと自己否定がある」そうですし、

長い間、双極性障害に苦しんでいるそうです。

 

 

DoやHaveが世間的にすごいはずなのに、

自分のBeが満たされていないという状況はなぜ生まれるのか。

 

 

まさに、「自己否定をツールで満たそうとしている」から。

 

つまり、

 

「自分ダメ」ベースのままで外側に救いを求めるからです。

 

自信がなくて自己否定だらけで、現状否定だらけだと、

DoやHaveがどうなってもBeは変わらないし、満たされないんですよ。

 

 

その理由は、

現状での「幸せを感じる力」が乏しいから。

その状態だと、どんなDoやHaveがあっても幸せを感じにくいんです。

 

 

何かが手に入ったり、結果を得られたりすると、

確かにその瞬間は嬉しいし、幸せなんです。

 

ただ、そういったことで得られる幸せっていうのは、

その瞬間がピークで長続きしないんです。

 

その後は「より多くのもの」「より良いもの」を欲しがるので、

またすぐに不足感が出てきます。

 

 

 

いや、まぁ、

「それでもいいからとにかく有名になりたい」

って言うなら勝手に頑張っていただければいいんですけど。

(そういう人はここで読むのをやめてください。)

 

 

そうじゃなくて、自分がどういう気持ちでいるかが大事だと思えるなら、

そのためのやり方はあるんですよ。

 

 

僕はこれまで、

 

趣味にしている人、

プロを目指している人、

プロとして活動している人、

人気があって武道館でライブもしちゃう人、

 

それぞれたくさん見てきました。

 

 

状況は違えど、それぞれ、

ずーっと辛そうな人もいれば、

なんだかずーっと楽しんでる人もいるんです。

 

プロだろうがそうじゃなかろうが、人気があろうがなかろうが。

 

 

 

プロ目指すのも、有名になることを目指して頑張るのもいいです。

仕事や人気を得るために頑張るのもいいです。

 

そのために必要なことや、やるべきことも色々あると思います。

 

 

でもね、

 

とにかく、

 

これだけは言っておきます。

 

 

自分が気が向かないことはやるな!

 

 

例えば、

 

SNSは苦手だけど、プロモーションのために頑張らなくちゃ…。

とにかく路上ライブでもなんでもして人前に出なきゃ…。

技術を身に付けるために、辛い練習でもやらなきゃ…。

嫌な仕事でも引き受けなきゃ…。

 

 

とかそういうの。

「嫌だけどやらなきゃ」的なもの。

 

そういうの一切やらないでください。

 

 

よくあるのは、

「そういうのもちゃんと好きになる努力をしろ!」

「嫌でもやらなきゃいけないことを頑張れ!」

っていうのが一般的にはよく言われてると思いますが、

僕はそれ好きじゃないんです。

 

 

だってね、

そういうのを頑張ろうとしてる人ほど行き詰まるんですよ。

いつまでもグズグズしてる状態になるんですよ。

 

 

大事なのはとにかく、

どういう状況であれ「幸せを感じる力」をつけること。

 

そのためには、「嫌だけどやらなきゃ」は邪魔なんです。

 

 

だから、

 

嫌だと思ったらやめていい。

気が向くことだけやってればいい。

楽しいと思うことしかやらなくていい。

自分にあるもの、既に持っているもの、得意なもの、好きなものだけ磨けばいい。

 

 

よく「継続が大事」とか言うでしょ。

これならちゃんと続くから。

 

で、「自分ダメ」「自信がない」っていうのが

ドンドン薄れていくから。

 

 

 

「有名になりたい」の気持ちに隠されている、

本来自分が一番欲しいものは

 

「自分の気持ち(Be)が満たされてて良い状態にあること」

 

なんですよ。

 

 

それを忘れないでください。

 

「有名になりたい」の思いをかなえるには

5+

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事