僕が「やりたいことをやる」ようになったきっかけ

僕がここ数年ずっと心掛けているのが、

 

「好きなこと、やりたいことをやること」

「無理をしないこと」

「ごきげんでいること」

 

 

総じて、

 

「自分らしく楽しく生きること」

 

なんです。

 

 

どうしてこういう考え方になったのかをたまに聞かれるので、

ちょっと振り返ってみようと思います。

 

 

 

まず、時期として自分でしっかり覚えてるのは、2014年からなんです。

 

2014年のその年の抱負として、

 

「好きなことを好きな時に好きなだけやる」

 

というのを掲げてました。

 

そこから、スタートしたんですね。

 

 

 

じゃあ、なんでそうなったかっていう経緯なんですけど。

 

 

 

もともと割と好きなことをやって生きてる方ではあったと思うんですが、

それでも、それまでの僕の行動基準は、

 

「どうすべきか」

「どうした方がいいのか」

「どうしなきゃいけないのか」

 

で動いてた部分が強かったんです。

 

 

一般的にどうなのか、

常識的に考えてどうなのか、

どうすることが「良い」のか、

どうすることが「正解」なのか、

 

など、義務感とか戒めに近いような感じです。

 

 

 

それが自分の思考グセだったこともあって、

それを苦に感じてたわけでもないし、

特に不都合もなかったんですよね。

 

 

なんなら、その方が自分が成長できると思ってたし、

人様や世間様のためにもなると思ってたし。

 

 

だから、自分にも他人にも厳しかったと思います。

 

 

 

そんな中で、2013年は「健康」を意識してみたんです。

それこそ、その年の抱負を「健康」に掲げて。

 

 

で、実際に風邪をひいたり寝込んだりすることもなく、

それなりに健康に過ごしてました。

 

 

・・が、

 

 

その年の中頃に「帯状疱疹」にかかったんです。

 

お腹から背中にかけての広範囲に、

やけどした直後のような水ぶくれができて、

すっげー熱いしすっげー痛いんです。

 

ちょっと動くだけでも服と擦れて痛いし、

寝ても圧迫されて痛いし、

ずーっと痛いから気分も滅入るし、

 

まー大変でした。

 

 

 

お医者さんに行った時に、

 

「帯状疱疹はストレスが原因でなることが多いんだけど、

何か心当たりありますか?」

 

って聞かれて、

 

えー、基本的にストレスとは無縁な生活してるはずだし、心当たりなんて・・・

 

 

と思ったんですが・・・、あった!

 

 

あったんですよ。

 

 

 

まぁ、その頃ちょうどいろんなことが重なって、

自分的に「むーーー」ってなることが多かったんです。

 

(むーーーがどういう状態かは適当に察してくださいw)

 

 

 

要は、そのいろんな出来事に対して、

 

「他人のために何とかしないと」

「自分が我慢してでも頑張らないと」

「嫌なことでも表に出してはいけない」

「自力で解決しなきゃいけない」

 

みたいな感じの思考でずっと行動してたんです。

 

 

それまでの思考グセが、

そのいろんな出来事に対して同時にガッツリ発動された感じですかね。

 

そしたらそれが結構なストレスになってたんだと思います。

 

 

 

あと、お医者さんに、

 

「普段、ストレス解消にはどんなことしてますか?」

 

とも聞かれたんですが、答えられなかったんです。

 

 

ストレス解消って、そもそも自分が楽しいと思うこと、

気が晴れるようなことをするってことですよね。

 

その頃僕は基本的に、自分がどうしたいかよりも一般的にどうした方がいいのか、

それこそ「どうすべきか」「どうした方がいいのか」「どうしなきゃいけないのか」で行動してたので、

自分の「これがしたい」がよく分からなくなってたんです。

 

 

 

その頃、いろんな方と話す機会があったんですが、共通して、

 

「もっと好きなことやった方がいいよ」

 

って言われてたんです。

 

 

でも僕は、例の思考グセがあったので、

「いやいや、そんなのは甘いでしょ」くらいに思ってました。

 

 

人は苦労して努力してこそ磨かれ成長するもの。

嫌でも苦手でもやらなきゃいけないこともある。

 

ゆるいことをするのは愚行である。

そんなのは人として愚かである。

 

人には、なすべきことというのがあって、

そういうのをおろそかにしてはいけないんだ。

 

 

・・と。

 

 

そんな感じの考え方だったので、

それをベースにした行動をすることが

自分の「やりたいこと」くらいに思ってました。

 

 

今思えば、それは本心・本能での「やりたいこと」ではなかったわけです。

 

 

 

そしたら、これまたいろんな方から、

 

「そればっかりだと自分が擦り減っちゃうよ」

 

って言われて、ハッとしました。

 

 

 

確かに、健康にさんざん気づかって、

 

こうしなきゃああしなきゃ、

こうした方がいいああした方がいい、

こうすべきだああすべきだ、

 

ってさんざん戒めてきたのに、

その結果が帯状疱疹だったわけです。

 

 

健康に気を付けるっていう目標を掲げて頑張ってた年に、

なんで病気になるわけ?

 

結局、どんなに気を付けてたって、

自分の心が崩れると、体も崩れちゃうってことじゃん…!

 

 

その辺から「自分の気持ち」というものに目を向けるようになりました。

 

 

 

自分の本心の「やりたいこと」「好きなこと」ってなんなんだろう?

「自分らしさ」ってなんだろう?

 

とか、そういうのを考えるようになったんですね。

 

 

 

まぁ、それまで他にもいろ~んなたくさんの要素がありましたが、

なんやかんやでそこから2014年の「好きなことを好きな時に好きなだけやる」になり、

今に至る感じです。

 

 

 

おもしろいもんで、

 

何かしら自分にとって「それ違うよ」っていう状態の時、

そしてそれに自分が気付いていない時に、

 

何かしら気付かせるような現象が起きるんですよね。

 

 

で、大体それって、

自分にとっては嫌な出来事だったりするんですよね。

 

 

それこそ帯状疱疹みたいに。

 

 

 

で、今みたいに「自分らしく楽しく」をベースに生きていても、

たまには大なり小なり嫌なことにぶち当たったりするわけです。

 

 

そしたら、それは、

 

「自分らしく楽しくから外れてるよ」

 

っていうサインだと思ってます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事