自分の職歴を語る

前回の記事で、自分の職歴を晒してみたわけですが、

それぞれの時代の

 

「あの時、こんな感じだったなぁ~」

 

みたいのを書いてみようという、

「え?誰得?」な回でございます。

 

学生時代のバイト

当時僕がバイトを選ぶ時の基準だったのが、

 

・楽しそうなもの

・人から指示されなさそうなもの

 

でした。

 

 

僕、人から「あーしろこーしろ」って言われるのが苦手なので、

なるべく自分一人で動けるような仕事を選んでやってました。

 

そう考えると、当時からあんまり性分変わってないんですかねw

 

 

いや、当時は今よりもっともっと自己肯定感が低くて、

今よりもっともっとプライドが高かったので、

扱いずらいめんどくさーい子でしたよ。

 

 

ちなみに、バイトをさせていただいていたリサーチ会社は、

大学時代にマーケティングのゼミに入っていたので、

ゼミの教授に紹介していただいて超大手のすごいところで仕事をさせていただいておりました。

 

2000年(23歳)

人からあーしろこーしろと言われるのが苦手な人間のくせに、

大学の新卒採用の風潮に流されるままに就活をして、就職しました。

 

音楽関係の業種に絞って、楽器会社に内定をいただけたわけです。

超就職氷河期と言われた時代に、行きたい業種の会社に行けたなんて幸せなことですよね。

 

 

幸せ…なはずが、なーんかずっと「やりたいことこれじゃない」感がすごくて、

かといって仕事内容がキツかったわけでもないので、

悩みながら仕事してました。

 

2001年(24歳)

勤めていた楽器会社は、素敵な人ばかりだったし、

仕事内容が特別辛かったわけではないので、

続けられるなら続けたいと思っていたんですが、

 

「いずれは方向転換をする気がする。ならば、早いうちに動かないと!」

 

と思って、就職して1年で退職させていただきました。

 

 

でも、特に何をするか考えていたわけでもないし、

やりたいことが全然分からなくて、

しばらくニート状態でした。

 

 

そんな中、ちょいちょい個人でピアノ教えたり、

リサーチ会社のお手伝いにゆる~く行ったりはしてました。

 

その後、カナダに留学に行きました。

 

2002年(25歳)

春ごろに帰国してから、

会社のWeb担当(あと書類作成とか事務諸々)的なバイトをしてました。

音楽関係のことも色々やりたかったので、予定の都合がつきやすかったんですよね。

 

 

個人でピアノを教えつつ、

「ピアノ弾きます!(仕事ください!)」っていうのを前面に出して仕事募集して、

レコーディングやライブサポートのお仕事をいただいてました。

 

その流れで、シンガーさんがライブで使うバックトラックが欲しいとご依頼いただいて、

オケ音源を作る仕事もちょいちょいさせていただいてました。

 

 

この頃はとにかく色んな人と会って、

色んなご縁がつながって、

色んな機会をいただいた時代でした。

 

2003年(26歳)

前年の仕事を継続してやりつつ、

この年の夏から新規オープンしたオールディーズライブハウスで、

レギュラー出演のボーカリストとして採用していただきました。

 

6月にオーディションで採用が決まって、夏にオープンするということで、

それまでの間に50曲くらい曲と歌詞を覚えました。すごいよね。

(ちなみに、レパートリーはその後150曲くらいまで増えました。すごいよね。)

 

多い時は1日5ステージやってましたからね。

それなりにレパートリーが必要だったんです。

 

 

その頃、周りの方から「ボイトレしてほしい」って頼まれるようになって、

手探り状態ながらもボイトレのレッスンをさせていただいてました。

 

それが僕のボイストレーナーキャリアのスタートです。

 

2004年(27歳)

オールディーズライブハウスでボーカリストとして歌いつつ、

そこのメインバンドのバンマス(リーダー)をさせていただくことになりました。

 

前任のバンマスがお店の運営にもちょっとかんでいたので、

なんかその流れで僕もやることに。

 

大変だったけど、愉快な仲間たちに囲まれて楽しくやってました。

 

 

あと、ボイトレは「私も教えてほしい」という声をあちこちからいただいて、

何人かにレッスンさせていただくようになりました。

 

「英語も教えて」「ピアノも教えて」みたいな声もあって、

自分のできることはとにかくレッスンするようになりました。

 

2005年(28歳)

諸事情でバンマスを降ろさせてもらうことになり、

それからしばらくして、ライブハウス自体も辞めることになりました。

 

個人でのボイトレレッスンは続けつつ、

「もっとレッスンをメインでやっていきたい!」と思って、

某音楽教室に業務委託のボイストレーナーとして採用していただきました。

 

 

同じ頃に、

某芸能プロダクションでボイストレーナーを探してる」とのことで知り合いからお声がけいただいて、

そちらでもボイストレーナーとしてお仕事をさせていただいてました。

 

 

この頃は、まだまだ食っていくのが大変な時期だったので、

実は色んなスクールの面接を受けに行ったりしてました。

 

ガッツリ不採用だったところもあれば、

「スクールを全てあなたに任せたい」と言われて合格にしていただいたところもありました。

 

僕は運営よりレッスンがしたかったのでお断りしましたが…。

 

2006年(29歳)

勤めていた音楽教室で、チーフインストラクターに任命され、

講師を統括していくお仕事も任されるようになりました。

イベントでのオーディション審査員なんかもやってました。

 

 

芸能プロダクションでのレッスンも続けてたし、

公立学校の特別授業で教えに行ったりもしてました。

 

2つくらいのオールディーズ営業バンドでボーカルもさせていただいてました。

 

 

とにかく色んな所に飛び回ってて、

分単位でスケジュールこなすような生活をしてた時代です。

 

 

あと、オンラインゲーム用の楽曲を何曲か歌ったりもしてました。

 

どなたかがプレイしている動画がYouTubeにあったので貼り付けてみます。

 

「線路は続くよどこまでも」の英語バージョンを「銀河鉄道」風アレンジにしたもの。

(ちなみに、セリフは僕の声じゃないよ。)

 

あと、童謡の「コガネムシ」を「冬ソナ」風アレンジで歌ったもの。

 

こんなのを色々歌ってましたw

 

2007年(30歳)

勤めていた音楽教室で、「正社員になってほしい」とお声がけいただきまして、

熟考した結果、やらせていただくことになりました。

人生で2度目の正社員。

 

もちろんボイストレーナーとしてレッスンをやりつつ、

本校の校長、講師統括・採用・研修、プロジェクトリーダー、イベント担当など、

全国の校舎を飛び回りつつ、色んなことを経験させていただきました。

 

 

でも、色んな業務をやっていくにしたがって、

レッスンをする時間がドンドンなくなっていってしまったんですよね。。

 

2008年(31歳)

「やっぱり僕は生徒さんと触れ合ってレッスンがしたい!」

という思いで、社員を降ろさせてもらって、

いちボイストレーナーに戻りました。

 

その後、結局その音楽教室自体も退職することになり、

完全に個人のボイストレーナーとして独立しました。

 

 

その頃は僕のしょっぼい個人サイトで生徒募集をしてたんですが、

そんなしょっぼい個人サイトからでもありがたいことに(不思議なことに?w)

結構たくさんの生徒さんに来ていただけまして、

独立してからもしっかりレッスンをすることができました。

 

 

その頃、以前勤めていたオールディーズライブハウスで、

「男性ボーカルが足りないから歌いに来て!」とのことでお声がけいただき、

ヘルプ的にまた歌わせていただくようになりました。

 

 

知人のアーティストのライブで、

ピアノとコーラスでサポート出演させていただく機会も多くなったり、

レコーディングにも参加させていただくようになりました。

 

 

あと、これまた新規でオープンしたばかりのオシャレなライブカフェで、

ピアノ弾き語りアーティストとしてマンスリーレギュラー出演させていただいてました。

 

1日3回ステージで、多い時は30曲くらい演奏してました。

カフェのオーナーさんからは「働き者ですねぇ…!」って言われましたw

 

2009年(32歳)

個人でのボイトレレッスンをメインとしつつ、

 

オールディーズライブハウスで歌ったり、

ピアノ弾き語りをしたり、

アーティストのサポートをしたり…

 

という感じで、レッスンとライブを並行してやってました。

 

2010年(33歳)

前年と同様の仕事をやりつつ、

某大学の講義に、特別講師として参加させていただくこともありました。

 

授業なのに僕が弾き語りで歌っちゃうっていうねw

なかなか面白い体験をさせていただきました。

 

2011年(34歳)

震災のあったちょうどその日に、

今の場所に引っ越してきまして(大変だった…!)、

 

屋号を「ワイドボイス」として個人ボイストレーニングスクールを正式に開業しました。

 

 

震災直後で世間が混沌としていた時期だったので、

生徒さんは来なくなっちゃうかな~と思ってたんですが、

既存の生徒さんも普通に通っていただいて、

なんなら震災の数日後くらいには普通に体験レッスンのお申し込みもあったりして、

ありがたいことにしっかりレッスンさせていただけていました。

 

 

この頃もまだオールディーズライブハウスでのステージとピアノ弾き語りもやってましたが、

レッスンの方も忙しくなっていったので、

だいぶライブの本数は減っていきました。

 

2012年(35歳)以降

この年くらいから、

ライブはほんとに気が向いたときやお呼ばれした時に少しやるくらいで、

ほとんどがボイトレレッスンがメインになっていきました。

 

今もそんな感じです。

 

 

・・・といった感じで、

いや~振り返った振り返った。

 

懐かしい気持ちにもなりました。

 

 

 

思えば僕は、バイトの時もそうだったし、

楽器会社でもライブハウスでも音楽教室でも、

 

どこに行っても本当に人に恵まれてました。

素敵な人たちばっかりでした。

 

いやほんとに。

 

 

あーしろこーしろって言われるのが苦手だから(←何回言うんw)、

基本的に組織や人の下で働くのがあまり得意な人間ではないんですが、

 

愉快な人たちに囲まれてたから楽しくできてたんだな~と思いました。

 

 

前回の記事でも、

 

その頃付き合ってくださってた皆様なんかすみません&いやほんとありがとうございます!

 

って書きましたが、ほんとそれw

 

 

 

そしてレッスンでは、

生徒さんにも恵まれてるから日々のレッスンが楽しいのです♪

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事