先日、姪っ子(中1)&甥っ子(小5)と遊んできました。

 

甥っ子の誕生日にまだ何も買ってあげていなかったので、

プレゼント一緒に買いに行こ~ってことで。

 

 

もともと欲しい物の目星があったようで、事前に聞いてはいたんですが、

これがまた結構なお値段のするもので…(笑)。

 

 

「それね~いいよ~」ってポイと買ってあげられる感じではなかったので、

本気で欲しいのかどうか、ちゃんと熟考したのかどうか、

それも聞いておきたくて、「一緒に選びに行こう」って提案したんです。

 

 

 

僕は伯父さんとして、本人が本当に欲しい物なら、

金額や時期に関係なくいつでも協力してあげる気持ちでいるんです。

 

 

ただし、「本気で欲しい」っていうのが絶対条件。

 

 

しかも、そこに他人軸の要素がありそうな場合は、

僕の厳正なる審査が入るんです(笑)。

 

 

 

例えば、分かりやすい他人軸は、

「みんなが持ってるから」とか「友達に自慢したいから」とか、

逆に「みんなが持ってなさそうだから」ってやつね。

 

気持ちはよぉーく分かるんですよ。

 

子供社会において友達との付き合いってすごく大きいし、

そこに溶け込む、もしくはそこで目立つことの重要さってありますよね。

 

でも僕はあくまで自分軸推奨なので、その理由では買いたくないんです。

 

 

 

あとね、「誕生日だから買って欲しい」っていうのも僕の中では他人軸。

 

もともと欲しいものをたまたま誕生日というタイミングで買うのはいいんですが、

「誕生日プレゼントで買ってもらうなら」っていう理由が先に来るのは、

「時期」という他人軸要素が入るからイヤなんです。

 

 

 

それと、「値段」も他人軸になるので気にしなくていいんです。

 

例えば上限を気にすると「その値段までだったらこれがいい」っていう、

「値段」という他人軸要素が入ることになるので。

 

逆に、「どうせ買ってもらえるなら高い物がいい」も他人軸。

 

 

だから、どちらにしても値段を判断基準にしなくていいんです。

 

 

 

そういう他人軸要素を削ぎ落してこそ、

本当の自分の気持ちであり、本当の自分軸なんですよね。

 

 

だから僕が「本当に欲しい物なら協力する」っていうのは、

ちゃんと自分の気持ちを知ったり、

自分軸で行動するということに協力するっていう意味なんです。

 

 

 

でね、今回僕が気付いたのが、

「僕自身も自分軸じゃなきゃね」ってことなんです。

 

 

例えば、

 

「かわいい姪っ子甥っ子のためだから…」

「買ってあげるって言っちゃった手前…」

「欲しがってるのに買ってもらえないのはかわいそうだから…」

 

そういう思いで買うのは僕にとっての他人軸なわけです。

 

 

自分軸じゃないってことは、

僕自身が喜んで買ってあげてないってこと。

 

それ、一番ダメですよね。僕的に。

 

 

 

ただ、諸々気にしなくていいとは言ったけど、

 

「本気で欲しいものなら、いつでもいくらの物でも買ってあげるよ」

 

とは大手を振って言い切れない部分があるんですよね。僕の中で。

 

 

 

「時期や値段を気にせず協力したい」と思ってはいるけど、

 

じゃあ、結構な頻度でそこそこの金額をするものを要求されても、

毎回快く協力したいって思えるのかって言ったら、

 

たぶんそれは難しいと思うんですよ。

 

 

それが、自分の生活を脅かすほどの金額じゃなかったとしてもね。

 

 

 

この気持ちってなんなんだろう?って、メッチャ考えました。

 

 

 

僕は別に、「苦労せず欲しいものが手に入るのはいけないこと」だなんて

全く思っていないはずなんですが、もしかしたら僕の中で、

 

「子供には欲しいものをホイホイ買ってあげるもんじゃない」

「プレゼントにこんな金額を払うのはどうなんだろう」

「なんでもない時に買ってあげるのって…」

 

みたいな思い込みがまだあるのかもしれないです。

 

 

 

あと僕は、自分自身が普段お金を使う時に、

 

「自分がやりたいことや望んでることには躊躇せず使う」

 

っていう思いがあるんですが、

 

もしかしたら、気付かないうちにまだまだ躊躇があるのかもしれないです。

 

 

 

躊躇があるってことは、自分の気持ちよりも、

金額やタイミングなどを優先してる(気にしてる)ってこと。

 

 

 

僕自身が「お金を使う」ことに対して、

普段からもっともっと自分軸でありたいなという気持ちになりました。

 

 

 

だから、子供たちと一緒に、

僕も自分軸での行動を学んでるってことですね。

 

 

 

んー、まぁ、あとねぇ、

僕は誰であれ、人から指示されたり要求されたりするのが基本的に好きではないので、

もししょっちゅう「買って」とか言われたら、

指示すんなってなるんだろうなw

 

 

 

あ、ちなみに、甥っ子ちゃんには結局、

お目当てのものを買ってプレゼントしてあげたので、

たいそう喜んでくれました!

 

 

子供たちと一緒に買い物に行くと、

自分が大人だということをすっかり忘れて一緒にキャッキャしちゃう42歳の僕です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事