「嫌いなことの理由」が分かった

僕、基本的に家事をするのは嫌いじゃないんですね。

割と得意な方だとも思います。

 

でも、皿洗いはメチャクチャ嫌いなんですよ。

 

 

 

かといって、不得意なわけではないんですよね。

 

すごく丁寧にやるし、

きっちりきれいにするし、

手際も良いと思ってるし、

 

上手か下手かで言ったら、たぶん上手な部類だと思います。

 

だから、「うまくできないから嫌い」ということではないんです。

 

うまくできるし、不得意ではないけど、嫌いなんです。

 

 

 

あと、掃除や洗濯は好きな方だし、整理したりするのも嫌いじゃない。

 

ってことは、何かをきれいにする行為は好きなはずなのに、

なんで皿洗いは嫌いなんだろう・・っていう、

 

その理由がずーっと分からなくてねぇ。

 

 

 

この間、その理由がついに判明したんです!

 

自分の中で納得できる答えが見つかりました。

 

 

それは・・・

 

 

 

「やりづらいから」

 

 

です!

 

 

はい。

僕にとって皿洗いは、「やりづらい」と感じるものなんです。

 

 

 

まず、僕は背が高いので、キッチンのシンクはちょっと低いわけです。

そうすると、姿勢的にしんどい。

だから、やりづらい。

 

 

あと、大きいお皿、まな板、フライパン、鍋など、

かさばるものがいっぱいあると、どう手をつければいいか、

洗いながらどこにどう置けばいいかがハッキリしないので、

やりづらい。

 

 

油汚れが多いと、ヌルヌルして洗いづらい。

(脂っこいもの好きなくせにw)

 

 

そういう感じで、僕にとって作業がスムーズにいかないんですよね。

 

それがストレスに感じて「嫌」になる。

 

 

 

じゃあ、「手間がかかること」が嫌いなのかというと、

 

そうじゃないんですよ。

 

僕の中で、「やりづらい」のと「手間がかかる」のは別なんです。

 

 

 

例えば、料理は手間がかかりますよね。

というか、手間をかけるとおいしくなったりしますよね。

 

それは好き。むしろ好き。

 

 

例えば今日載せてる写真の料理、

先日僕が作った「豚肉みそ漬けのソテー」です。

 

 

 

結構厚みのあるお肉を叩いて柔らかくしつつ、

しっかりスジ切りなどの下処理もしました。

 

味噌だれは、

味噌、塩こうじ、だし醤油、豆板醤、みりん、酒、はちみつ、ゴマ油、にんにく、ショウガを合わせて特製だれを作って、

2日間くらい漬け込みました。

 

強火だと焦げちゃうし、中まで火が入らないので、

少し弱めの火でじっくり時間をかけて焼きました。

 

にんにくスライスをオリーブオイルで揚げてガーリックチップを作って、

玉ねぎのソテーも作って付け合わせにしました。

 

 

 

・・・っていう。

 

結構な手間はかけてるわけですよ。

 

 

手間はいいんですよ。

だから料理をすることは好きなんですね。

 

 

 

でも、料理すると洗い物が出るでしょ。

 

それが厄介。。

 

 

 

さっきも書いたけど、かさばると「やりづらい」って感じるので、

料理しながら、使い終わった調理器具や食器類はドンドン洗っていきます。

 

その方が、まとまってガチャガチャしないから、むしろやりやすい。

それだと苦じゃない。

 

 

 

ちなみに、それをさんちゃんに話したところ、

あの方は真逆だそうです。

 

 

多少やりづらいくらいは気にならないんだって。

でも、手間をかけることは嫌いなんだって。

 

だから、どんなにかさばる食器がいっぱいあっても、

洗い物は苦じゃないらしいです。

 

逆に、料理が嫌いなのは、手間がかかるから。

仮に何かを作るとしても、手間は最小限にしたいみたい。

 

 

 

面白いですよね。

 

「やりづらい」ことなんて、みんな嫌いでしょーと思ったけど、

そんなことはないわけです。

 

人によって違うんですね。

 

 

 

思えば、僕は確定申告の作業がずっと嫌いでした。

 

それは、慣れないうちはどうしていいか分からなくて、

スムーズにできなくて、はかどらなくて、

自分的にやりづらかったから。

 

でも、それを解消するために、自分なりのマニュアルを作ったんです。

それこそ、手間をかけてw

 

 

そしたら、そのマニュアルを見ながら手順を踏めばスムーズにできるので、

やりづらさがなくなって、嫌ではなくなりました。

 

 

 

という感じで、自分が「嫌い」だと思ってたことが、

どうして嫌いなのかの理由が分かると、

解消法も分かりやすくなるんですよ。

 

 

僕の場合、やりづらさをなくせばいい。

何らかの形で。

 

 

「僕はそれをやりづらいと感じてるんだけど、やりやすくするにはどうしたらいいか」

 

っていうのを、自分で解消してもいいし、

誰かに助けを求めてもいいし、

人様に頼んじゃってもいいし。

 

 

「やりやすい」とさえ感じてしまえば、

手間がかかろうが時間がかかろうが、

苦じゃなくやっちゃうんですよ。

 

ものによっては楽しめちゃうんですよ。

 

 

うちに便利グッズがいっぱいあるのも、

そういう理由なんだなと合点がいきました。

 

 

 

以前、街中に飲み会帰りのような団体がいて、

その中の一人の女性が

 

「だからさぁ、食器洗い乾燥機があれば私が洗い物するって言ってんのに、うちのダンナが買わないから私はやらないのよ~!」

 

って言ってたんですよ。

 

 

それはもはや「私が洗い物をする」とは言わないじゃん!って心の中で突っ込んでたんですが、

今となってはその人の気持ちがちょっと分かる気がする(笑)。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事