東京カラオケまつり審査員

今日は、「東京カラオケまつり2019」の審査委員をしてきました。

 

東京カラオケまつり

 

これまで何度も審査させていただきましたが、

毎度毎度楽しいんですよ~。

 

そして、毎回毎回新鮮なんですよ~。

 

 

審査してる時の様子はこんな感じ。

 

 

出場者の方の歌を聞きながら、リアルタイムで一人一人に審査票を書いてます。

ちゃんとコメントとかもしっかり書くから、結構必死ですw

 

でも、それがまた楽しいんです。

 

 

ちなみに、過去に審査員した時の感想は、ボイトレコラムの

審査員をしてみて気付いたこと」「審査員としてどんなところを見てるか

にも書きました。)

 

 

 

やっぱり、歌っていいですね。

 

見ていて、

気持ち良さそうだし、自由だし、自分が出せるし。

 

僕は、なんだか今日そんな風に感じました。

 

 

 

ってことはよ、

 

せっかく歌うなら、

 

気持ち良く、

自由に、

自分出して(自分らしく)

 

歌わなきゃね!

 

 

まぁ、これはあくまで僕の感じ方ですが、

人それぞれ、「歌のこんなところがいいな」っていうのってあると思うんです。

 

特に歌が好きな方ならなおのこと。

 

 

 

じゃあ、あなたにとっての「歌の良さ」ってなに?

どんなところ?

 

 

歌のこういうところが好き

歌はこういうところが素晴らしい

自分にとって歌はこういう存在

 

っていうのを自分なりに考えてみて、

ちゃんとそれが実感できてるのか、振り返ってみるのもいいと思います。

 

 

 

僕で言ったら、歌う時は気持ちよく、自由に、自分が出せることが大事なので、

歌ってる時は、どうあれそれを感じていたいんです。

 

そこを忘れちゃいけないわけです。

 

 

 

トレーニングや練習をしてたりすると、ついつい自分の技術不足や練習不足などに目が行ってしまって、

 

「そのせいで気持ち良く歌えないんだ、自由に歌えないんだ、自分が出せないんだ」

 

って考えてしまいがちだったりするんですが、

 

それ、違うよ。

 

 

技術があろうがなかろうが、練習してようがしてまいが、

気持ち良く、自由に、自分を出して歌うことはできるんですよ。

 

できないわけがないんですよ。

 

だって、それが「歌うことの素晴らしさ」だって自分が思ってるんだから。

 

 

 

ただ、トレーニングをすると、

より気持ちよく、より自由に、より自分を出して歌うことができるようになるのも事実。

 

 

だからやるんですよね。

 

 

だからこそ、まずそれを実感して楽しむことが大事。

自分にとって「これをやる時はこういうところが好きなんだ」っていうのを常に実感する(実感できるようにする)のが大事。

 

そしたら自分にとって「より」良いようになるから。

 

 

 

 

まぁとにかく、カラオケ大会楽しいです!

 

大体いつも初めてお会いするスタッフの方や審査員の先生もいらっしゃるんですが、

どうしたらこんなに素敵な人たちばっかり集められるんだろうっていうくらい本当に素敵な人たちばっかりで、毎度ビックリしてます。

 

 

人気が高いイベントだというのも頷けます。

結局「人」が作るものですからね。

 

 

 

そんなこんなで最後の写真は、

おきれいな司会のお二人(両サイド)と、ゆかいな審査員4人ですw

 

東京カラオケまつり審査員

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事