イラつくことが減った理由

なんか最近、

イライラしたり、カチンとくることがかなり減ったんですよ。

 

 

なんでかなーと思って、ちょっと考えてみたんです。

 

(まぁ、年取って丸くなっただけかもしれないですがw)

 

 

 

一つ大きな柱となっているのが、

 

「人は自分自身の人生を、自分の生きたいように生きていい」

 

と思っている部分です。

 

 

 

当たり前の話ですが、

人生ってその人自身のものであって、

その人が主役なわけです。

 

 

その人が何を考えても、

何を思っても、

何ができて何ができなくても、

 

どんな好みがあっても、

どんな意見があっても、

 

何をしてもいいわけです。

 

 

 

もちろん、法律だルールだというものがあるし、

他人に迷惑がかかるうんぬんの問題もあるので、

そういうのを踏まえると「何をしてもいい」と言い切るのは難しい部分もあります。

 

 

ただ、それを言い出すと善悪の概念になってキリがないので、

いったんそれはここでは省きます。

 

 

 

まぁ、僕は別に犯罪を犯してつかまりたくはないし、

基本的に人様にはできる限り良いようにしたいと思ってるので、

そういう意味では自分的に悪いようにはしないで生きてるつもりですけどね。

 

 

 

言っちゃえば、

僕の人生も、どうするかは僕の自由なわけです。

 

 

それこそ、思考も、好みも、意見も、行動も。

 

楽しようが苦労しようが、

幸せだろうが不幸だろうが。

 

 

僕の人生のことは全て僕の生き方次第なわけで、

他人がどうこう言うことじゃない(言われる筋合いはない)んです。

 

 

 

それでいくと、人様の行動もすべて、

 

「この人はそう考えてるのね」

「この人はそう言いたいのね」

「この人はそうしたいのね」

 

ってことに僕の中ではなるんです。

 

 

そうするのはその人の自由だから、

相手をどうこうしようと思わなくなったんですね。

 

 

 

相手を自分の思うようにしようとしない、

すなわち、

 

他人は自分の思い通りになるわけではない

(なぜならその人はその人の人生を生きているから)

 

っていうことが腑に落ちた感じですかね。

 

 

 

これって心理学などでもよく言われていることですが、

なんか自分の中で腑に落ちたんですよね。

 

 

それはたぶん、

 

「僕自身が自分の人生を生きている」

 

を実感できて来たから。

 

そこから、人様の人生も尊重できるようになったんです。

 

 

 

そしたら、色んなことが受け入れられるようになりました。

 

 

この人はこういう風に考えるんだな~

この人はこう言いたいんだな~

この人はこうしたいんだな~

 

っていう。

 

 

 

ただ、一応僕にも好き嫌いも感情もあるので、

考え方が違ったり、

気に食わないことだってあるわけです。

 

 

「この人はそう思ってるのかもしれないけど、自分はこう思う」

「この人はそうしたいのかもしれないけど、僕はそうされるのはイヤ」

 

っていうことだってあります。

 

 

そういう場合は、相手を受け入れつつ、

 

「僕はこう思う」

「僕はそうされるのはイヤ」

 

っていう

アイメッセージ(主語を自分にして伝える手法)で伝えるということはします。

 

 

 

伝えたところで、それを踏まえてどうするかは、

その方の人生なんで、その方にお任せします。

 

 

ただ、僕の人生的に不都合が多いようであれば、

その方とは距離を置くという選択を取ります。

 

僕は自分の人生を良いように生きたいので。

 

 

 

他人を変えようとしない以上そういう選択になるので、

それを「冷たい」とか「寂しい」と感じる人もいるかもしれまん。

 

 

でもさ、色んなことが受け入れられるという意味では、

 

優しい、穏やか、器が大きい、

 

とも言えるんだよw

 

 

(…と、自分でフォローして終わっとく)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事