ワクワクする気持ち

質問フォームからいただいた質問に回答します!

質問内容

お名前:くろちゃん さん

 

十数年前にボーカルスクールで歌を何回か吉田先生に教えていただいていてた者です!

今もボイストレーナーとしてご活躍されていることを知り嬉しくなりました。

 

生き方に迷い、ネットに助けを求めていたところ、吉田先生のブログにたどり着きましたw

スクールでは、声の出し方の説明がすごくわかりやすかったですが、

ブログでのメンタルの理論もすっごくわかりやすくて、気づくことがいっぱいありますね。。

 

私は臆病で、生真面目な性格なので、歌もド音痴だから、

カラオケで少しでも恥ずかしくないようにしようと思いスクールに通っていました。

歌が好きとかではなかったです。。

 

 

私は先生と同年代なのですが、両親が不仲で殺伐とした家庭で育ち、親のいいなりに短大卒業後に就職しました。

結婚して自分の家庭を持つことだけを心の支えに生きてきました。

しかし、人と打ち解けて話すことが苦手なため、未だ友人すらできずにここまできてしまいました。。

 

両親はギャンブルに熱中して私に無関心で、会話らしい会話をした記憶がありません。

一人っ子なのにそんな親しかいない境遇が悲しく、愛情を表現して育ててくれなかった両親にも憎しみが湧いてきてしまいます。

 

今は派遣で事務をしていますが、事務は苦手で、出来ることがないので仕方なくお金のために働いています。

スクールに通っているとき、他の先生から「暗いよー」ってよく言われてました。

ずっと憂鬱な気分で生きてきたんですよね。。

 

先生のブログを読んで、後半の人生は、自分のワクワクする気持ちを優先して楽しく生きていこう!と思うのですが、

やり直しが難しい年齢になってしまい、貯金も、頼れる人も、際立った能力もないため、絶望感が拭えず、

なかなかワクワクする気持ちを感じられません。

 

先生のアドバイス、もしくは毒でもいいので頂けましたら幸いですw

 

回答

昔僕のレッスンを受けてくださっていた方が、いまだに覚えていていただけるのはとても嬉しいです!

そして、このブログにたどり着いて読んでいただけているんですね。

 

(「毒でもいいので」って、僕に毒があることをよくご存じで…!

さすが、昔から知ってるだけのことはありますねw)

 

ご質問内容に、ご自身のことをとても詳しく書いていただけたので、

それに沿って僕なりの考え方をお答えしたいと思います。

 

 

準備は整ってます

まず、このブログを見つけて読んでいただけているという時点で、

ご自身の生き方や人生に対してとても真摯に向き合っていらっしゃるんだと思います。

(僕は基本的に「楽しく生きようね~」っていう内容を書いているので。)

 

あと、今回のご質問で、ご自身の境遇や心境などをとても分かりやすく伝えていただいています。

それだけご自身と向き合ってきたということですね。

 

 

自分の人生に対して真摯に向き合っているということは、それって

「自分を大切にしている」

っていうことなんです。

 

まずはそこをガッツリ実感してください!

 

 

くろちゃんさんは、ご自身をとても大切にしてるんですよ。

それってすごく素晴らしいことなんです。

 

 

このブログでもよく書いてますが、

「楽しく生きる」ためにとにかくまず一番必要なことは、

「自分を知ること(向き合うこと)」で、

それが自分を大事にすることにつながるんです。

 

(「自分に自信を持つための4つのポイント」という記事もご参照ください。)

 

その時点で楽しい人生を生きる準備はちゃんと整っているので、安心してください!

 

 

感じきってみる

ご両親との関係や家庭環境って、ご自身にとって大きな影響がありますよね。

大人になってからでも、思いを抱き続けてしまいますもんね。

 

親子関係の思いの修復方法みたいなものって、

心理学や啓発などでも色々なワーク(手法)があったりします。

 

とりあえず僕は「マインドの持ち方」という点で、

一つの方法をご提案しますね。

 

 

まず、視点を「親」から「自分」に移しちゃいましょう。

「親がこうだった」「家庭がこうだった」っていう事実がありますよね。

 

そういうのを思い出す時って、頭の中のイメージとしては、

その時のご両親の様子や、家庭の中の様子などが出てくると思います。

 

それを、自分の方にフォーカスするんです。

 

 

「ギャンブルばっかりでほっとかれて寂しかったな」

「会話らしい会話ができなくて悲しかったな」

「もっと愛情が欲しかったな」

 

そんな気持ちを、いったんガッツリ感じてみるのはどうでしょう?

もし辛くなければで大丈夫です。

 

 

今回のご質問でもその状況をこれだけ書いていただいているということは、

どうしてもその頃のことが頭に残っていて、ことあるごとに出てくるんだと思うんです。

 

それであれば、「その時の境遇」よりも「自分の気持ち」にフォーカスして、

感情を感じきっちゃいましょう。

 

 

一人で泣いても叫んでもいいと思います。

蓋をせず、しっかりと感情を自分自身が感じてあげることって大事なんです。

 

そして、その頃の自分の姿や感情を思い出したら、

今の自分から「つらかったんだね」「寂しかったんだね」って

その気持ちに同意して声をかけてあげるようなイメージをしてみてください。

 

これも「自分で自分を大事にする」ということになりますから。

 

 

親子も他人

どんな人間関係でも、合う合わないってありますよね。

あと、好き嫌いや、興味のあるなし、愛情の深さなど。

 

それって、親子にでもあり得ると思うんです。

 

親子であれ、「自分」と「他の人」、

すなわち「他人同士」なんです。

 

 

親子だから絶対合うってことはないんです。

子供に対する愛情の深さも、

どの親も絶対深いってわけじゃないんです。

 

親だったら絶対自分の子供が好き、絶対子供に興味があるってことでもなければ、

子供は絶対親が好きってことでもないんです。

絶対分かり合えるっていうわけでもないんです。

 

ましてや大人同士になった状態では、

親子であれ「人と人」でしかないんですよね。

 

別の人間同士である以上、合わないことも相容れないこともあるんですよね。

 

 

苦手な食べ物とかあるでしょ。

嫌いな虫とかいるでしょ。

全然面白いと思えない映画とかあるでしょ。

 

人間に対してもそれと同じ。

例えそれが親であれ子であれ、

相手に対してそういうのってあるんです。

 

もうね、それはしょーがない。

 

 

だから、憎しみが湧いてもいいんですよ。

そう思っちゃう自分もOK。

自分の思いは全てOK。

とにかくそう思ってください。

 

そうすると、いつか「相手の思いも全てOK」って思えるようになってくるので。

 

 

割と大丈夫

「やり直しが難しい年齢」っていうのが気になってるようですが、

僕と同年代なんですよね?

僕は「なんとでもなる」って思ってます。

 

 

確かに「難しい」かもしれないですが、

「難しい」のと「できない」のは違いますからね。

 

あと、「難しい」のと「辛い」のも違います。

「難しい」のと「不幸」も全然違います。

 

難しくてもできるっちゃできる

難しくても楽しい

難しくてもハッピー

 

そういうことも現実としてあるんだと覚えておいてください。

 

なんなら、「難しいからこそ面白い」んですよ。

ゲームでもなんでも、簡単すぎたらつまんないでしょ。

 

 

 

「際立った能力がない」んじゃなくて、自分が「気づいてない」だけ。

 

「頼れる人がいない」なら、

まず自分が自分にとって「(気持ち的に)頼れる人」になればいい。

 

 

全部「自分次第」なんです。

 

 

年齢も能力も環境もなんにも関係なく、

「自分次第」「自分がどうしたいか」で全て変わります。

 

 

そう思ったらワクワクしませんか?

 

 

だって、自分の思い一つでどうにでも出来ちゃうんですよ?

 

 

だから、小さいちょっとしたワクワクからやってみればいいんですよ。

 

 

今回、この質問を送ったのも、ワクワクしませんでしたか?

しましたよね?w

 

 

もうそうやって行動に出てるんです。

だから、大丈夫なんです。

 

 

冒頭でも言ったように、準備は整ってます。

もう動き始めてます。

 

そんなのもうワクワクしかないです。

 

 

そもそも、以前僕のレッスンを受けたいと思って来てくださっていた時点で、

なんという素晴らしいセンスの持ち主でしょう!?(笑)

 

 

そういう諸々に「気づけばいい」だけなんです。

 

なんの特別なことも、難しいこともないんです。

 

 

 

そんな自分のことをしっかり信頼して、

いっぱい向き合って、

いっぱいかわいがってくださいね。

 

大丈夫だから。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事